SPS キャンプ 2006 in 森のまきばオートキャンプ場

千葉県の森のまきばキャンプ場で開催されたSPS、3店舗主催のイベントキャンプに初めて参加してきました。
はじめてのソロでのキャンプですのでどうなりますやら。
ブログの方での速報とダブるところもありますが、ご容赦をお願いします。

今年のGWはホウリーの森でのキャンプと言うこともありタープは持って行きませんでした。
そのタープもかれこれ10年ほど使っていて、幕体そのものが痛んで雨漏りのする状態になっていましたので新たにタープを手に入れる必要がありました。
キャンプを始めた頃は、とりあえずと思ってあまり考えずに購入しましたので、サイズも小さくUVカットでもなくという機能性もろくにないものでしたが、今度は性能もデザインも良いものしようと思っていました。
そこで今度の新しいタープはスノーピークのヘキサタイプ(シールド)にすることにしました。
SPの2006年モデルのデザインカラーは、以前からのユーザーには不評のようですが、僕の感覚からすると落ち着いていてより良いように思えます。
トップ部分がベージュで、下の部分がより濃い灰色がかった色のベージュ、赤いステッチで全体に縁取りが入って結構おしゃれだと思うんですがね〜
世代の違いなんでしょうか?(あまり言いたくないけど...)

まぁともかく、タープを新しい色合いにすると、ほかの物も合わせたくなるもんで、リビングシェルも同時購入になってしまいました(^_^)
(従来のテントとスクリーンテントはお嫁に行って第二の人生を送ってもらうことになりました。)

そんな折りもおり、、TAKERUさんのところのBBSでさかんに「ストキャン」という言葉が飛び交ってまして、CSC仲間ののりちゃんに聞いて内容がわかりました。
早速お店に問い合わせましたが、既に定員オーバーということで、キャンセル待ちになりました。
後で聞いたところではお店の方からはがきで案内が来ていたらしいですね。
僕もWILD−1多摩NTの会員になっているので来ていたかもしれないのですが、DMの葉書ってあまりインパクトがないので時々見落とします(/_;)

一週間前の予報では、週末は雨とのことだったので雨具も用意して雨の覚悟で来たのですが、湿度は高かったものの土曜日は快晴、日曜日も撤収まで降らずで助かりました。
梅雨時でも結構こうゆうことってあるんですよね。
ヘキサLとLB2 ヘキサLのポールの長い方を一本少なくして背の低い方として使いちょっとだけロースタイル風にしてみました。
その下にLB2を入れて撤収時の雨降りに備えます。
ヘキサの美しい稜線はかろうじて出てますが、少しシワが入っているところが初張りらしい所です。
LB2の方は2005年モデルです。
色合いが多少違っても旧モデル割引の魅力にはかないません。
今回はソロ参加なのでリビシェルは家に置いてきました。

今回キャンセル待ちでの参加だったので、正規参加組から線引きされた外側にでっぱさんと一緒に張らせてもらいました。
BFストーブとカップインチタン こちらも初物で、BFストーブにカップインチタンです。
ストキャン参加が決まってから購入しました。
BFストーブはちょっと腰高のような気がします。
それにステンレスのテーブルの上だと滑るようですね。
今度は滑らないようにゴム製の下敷きでも持ってこようと思います。
火力はお昼のインスタントラーメンを作るには充分でした。

初物づくしだったのに雨の予報を覆す強運です。
2連レクタL こちらはCSCのお仲間サイトです。
レクタL2連結で、エクステンションシートを幔幕のように張っています。
その中にインナーテントだけを2張りしていますね。
幔幕が赤白の縦縞だったらおもしろかったんですが(笑)

SPテント群から少し離れた樹木の陰のある落ち着いたサイトでした。
煮込み *kenさんの力作、牛すじとモツのダッチ煮込みです。
なんと8時間も煮こんだんだそうです。
この写真はまだ始まったばかりの映像です。
サイロとサイト 森のまきばのモニュメントのようなサイロをバックにした我々のサイトです。

グレーのレクタLがでっぱ隊長のサイト。
手前のベージュの新色が僕のサイトです。
このサイトの左側にはZOUTAさんのサイトがあります。

夕陽 森に沈む夕陽です。
真っ赤な夕陽ではなかったのが翌日のお天気を知らせているようです。

このころ、でっぱ隊長は深めのステンレスシェラカップで1合のご飯を炊く実験中でした。
前の週のブログで話題になっていた小物なのですが、この時点では全く気が付きませんでした。
シャンペン ワインクーラに入ったシャンペンはZOUTA夫妻の結婚5周年をお祝いしてでっぱ夫妻が用意されたものです。
ワイングラスもガラス製の物をお二人分用意してありました。
アウトドアでこういう小物を用意しておくって心憎いですね。
スペインワイン こちらは私がただ持ってきただけのスペインワインですが、5周年のお祝いにって都合良くさしあげました。
ビンの首のところに、雄牛のミニチュアのしっぽが見えています。
こちらの銅製のワインカップは僕の持参です。
ユニフレーム ZOUTAさんの串あげセットです(^_^)
8インチのダッチに、ユニフレームのバーナーですね。
くつろぐ 世も更けていきますが話は尽きません。
そらちゃんはチチのお膝で串上げのウズラ卵を食べているのかな?

途中向こうのサイトから、*kenさんの力作、モツの煮込みやら、、遊さんからは久保田の差し入れがあったりしておいしい交流があり、ごちそうさまでした。

伸ちゃんはD200を持って写しに来たり、みねちゃんは焼酎を持ってきて飲めないでっぱ隊長に飲ませて遊んでました。
この日の夜は、消灯時間まで、わいわい、がやがや、楽しく飲んで食べてお話をして、気が付いたときにはLB2の中に戻って寝ておりました。
消灯時間は何時だったんでしょうか?

翌日は雨は降っていないものの、今にも降りそうな厚い雲が出ていたので早めに撤収し、(早めと言ってもお昼ですが)皆さんにお別れをしてお昼頃に帰ってきました。
帰りはアクアラインを使ってやはり1時間半ほどで帰宅です。
梅雨時のキャンプは初めてで、雨の方は覚悟していたのですが晴天で助かりました。

また、初めてのSPデビュー、ソロデビューでしたが、CSCのメンバーがいてくれたおかげで快適に過ごすことが出来ました。
みなさんありがとうございました。
こういう場を作ってくれたスタッフの方々にも感謝申し上げます。

そうそう、LB2を畳むときに、短い方の張り綱が2本見あたりません。
今回、風がなかったので、張り綱の袋から出して張ったのは前室を作るための張り綱2本だけです。
全部で8本あるはずの物が6本しかないのです。
旧モデルとはいえ新品のテントだったので、おかしいなと思いながらもスタッフサイトに行って伝えてくることにしました。
ちょうど多摩のWILD-1の店長がいたのでお話したところ、すぐに送ってくれることになりました。
ストキャンならではの出来事でした。
木曜日には、物も届きました。
こちらも本当にありがとうございました。

 2006.6.24-6.25